任意売却

任意売却とは

住宅ローンなどの融資を受けて家を購入したが、その後、ローンが払えなくなり、融資を受けた金融機関との合意に基づいて「競売」にかかる前に家を売却することを言います。

任意売却をする場合、売却に必要となる期間を考慮しますと「競売開始決定・差押通知書」「見地・現況調査の通知書」が届く頃までにはスタートしたいところです。

メリットの多い不動産任意売却も判断が遅ければ遅いほど、メリットはすくなくなります。
より良い条件で売却するには、時間が必要となります。

お支払いが滞り始め、この先も収入の見込みが改善しないと感じましたら、お早目のご相談をお勧めします。
 
 

よくあるご質問

Q:任意売却した後の、住宅ローンの支払は?
所有者からの持ち出し負担はありません。滞納になっている税金や、マンション管理費、仲介手数料などが任意売却による売買代金から清算されるので、諸々の債務をまとめて解消できるケースがほとんどです。

Q:任意売却した後の、住宅ローン残債の支払は?
任意売却しても売却額で完済できなければ住宅ローンは残りますし、返済する必要があります。ただし、競売で落札される場合よりも、任意売却のほうが高く売却できる可能性があり、住宅ローンの残債を多く減らすことができます。また、残った借入金(残債)は、これまで通りに支払っていくのではなく「小額ずつ、無理のない範囲で」返していくことができます。

Q:家族に迷惑が、かかる心配は?
お金の貸し借りは、当事者間の契約によって成り立ちます。つまり、債権者側からは、住宅ローンを組んでいる当人やその連帯保証人しか請求をすることができません。しかも、当事者以外にその秘密を漏らす行為自体も禁止されています。

Q:任意売却するとブラックリストに載る?
任意売却するとブラックリストに載るわけではありません。住宅ローンを滞納するからブラックリストに載るのです。

Q:差押えとは?
債権者が競売開始を申し立てた時点で不動産に設定される登記です。差し押さえられると、所有者は不動産を自由に処分できなくなります。

Q:裁判所から通知されても、任意売却できる?
裁判所で情報が告示され、競売が始まるまでは、原則的に話し合いは可能です。ただし、早ければ早いほど、債権者様との調整もスムーズに行うことができ、メリットも多く享受できます。

Q:裁判所から”担保不動産競売開始決定通知”が届いたら?
裁判所から競売開始決定通知が来ると、間もなく調査官が住宅の調査に訪れます。その後、裁判所にて情報が公開され、競売入札が行われます。競売開始決定通知が届いてから家を明け渡すまで、4~6ヶ月程しか猶予はありません。

Q:銀行から督促状・催告書が届いたら?
そのまま放置しておくと、銀行から債権回収会社に債権が譲渡され、競売の申し立てへと進んでしまいます。お早目にご相談をお勧めします。

Q:競売を取り下げる方法は?
債権者様に返済計画の変更を提案して、合意を得られれば競売の取り下げが可能です。

Q:引越費用が用意できない場合は?
債権者が売却代金より、一部みてくれる場合もあります。

 
form
 
 

空き家相談窓口
『住み替え』ご提案
『無料修繕』で売却
『高価買取』実施中
売却
相続
任意売却
用語集